【2020】沖縄新卒の人気就職ランキングトップ5と沖縄企業の選び方-最高な就活を送るためには?

新卒就活お役立ち情報

沖縄で人気な企業は、例年安定しています。

必ずといっていいほど入っている企業は、サンエー、沖縄銀行、琉球銀行ですね。
今回は2019年に発表された、2020年卒の学生さんに支持された企業ランキングと、例年の企業就職ランキングをまとめました。今就職活動に励んでいる学生のみなさんは是非 今回の記事を参考にしてください。

本記事のまとめ
  • 2020卒に人気の企業トップ5は沖縄銀行、サンエー、JAおきなわ、琉球銀行、大同火災海上保険
  • ここ3年の中で1番人気がある企業は断トツでサンエー
  • 人気ランキングから就職希望先を選びがちですが、しっかり自己分析して主体的に就職先を決めましょう

それでは、2020卒のランキングからご紹介していきます。

スポンサードサーチ

沖縄で人気の就職企業ランキング2020卒

今現在出ている情報によると、ラジカル沖縄の調査したランキングにて、沖縄銀行が1位となっています。

ラジカル沖縄調べの1位は『沖縄銀行』


出典:沖縄銀行公式HP

以下、引用です。

 求人誌「ルーキー」を発行するラジカル沖縄は8日、2020年新規学卒者就職志望ランキングを公表した。1位は沖縄銀行で2位は県内流通最大手のサンエー。3位JAおきなわ、4位琉球銀行、5位大同火災海上保険と続いた。沖銀は男子2位、女子1位と高い支持を集め、昨年まで6年連続トップのサンエーを抑えて7年ぶりに首位となった。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/394618

1位 沖縄銀行
2位 サンエー
3位 JAおきなわ
4位 琉球銀行
5位 大同火災海上保険

セルラーと海邦銀行が今年は上位5位内に入っていなく、少し変わり映えしたランキングでした。

例年のランキングは?

冒頭でも書いたように、毎年安定してランクインしている企業はありますので、
そこの理解を深めるためにも2019卒と2018卒のランキングもご紹介いたします。

2019卒の沖縄就職人気ランキング1位は『サンエー』


出典:サンエー公式HP

 求人誌「ルーキー」を発行するラジカル沖縄は14日、2019年新規学卒者就職志望ランキングを公表した。1位は県内流通最大手のサンエーで、2位は沖縄セルラー電話、3位はJAおきなわ、4位が沖縄電力、5位が沖縄銀行と続いた。サンエーは男女ともに志望があり、6年連続でトップとなった。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/223268

1位 サンエー
2位 沖縄セルラー電話
3位 JAおきなわ
4位 沖縄電力
5位 沖縄銀行

2018卒の沖縄就職人気ランキング1位も『サンエー』

 求人誌「ルーキー」を発行するラジカル沖縄は13日、2018年新規学卒者就職志望ランキングを公表した。県内流通最大手のサンエーが5年連続で1位、2位は沖縄銀行、3位は琉球銀行、4位は沖縄海邦銀行、5位は沖縄セルラー電話で、上位5社は昨年と同じ結果だった。同社は10日、沖縄コンベンションセンターで合同企業説明会を開き、学生514人の回答を集計した。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/88328

1位 サンエー
2位 沖縄銀行
3位 琉球銀行
4位 沖縄海邦銀行
5位 沖縄セルラー電話

スポンサードサーチ

企業を主体的に選ぶためにするべきこと

人気企業ランキングを調べる人の種類は2つあります。
『採用側』の人間と『就職側』の人間です。

そして、就職側の方が調べる心理として、
『とりあえずどこ行けばいいかわからないから目安としてランキングが知りたい』
というところがあります。しかし、就職活動は自分が社会に足を踏み出す第一歩です。

OKITRA運営としては、みんなが行くところや人気のところに行くのではなく、
自分が本当に輝ける場所ということを感じて企業には就職していただきたいです。

そのために、就職活動中になにをするべきか、この章で解説します。

ちなみに、沖縄県内で就職活動をした就活のOG・OBの体験談を以前紹介しています。ご興味ある方はそちらも是非参考にしてください。

沖縄の就活生の体験談4選から学ぶ、沖縄の就職活動

主体的に選ぶために:企業の情報収集

企業の情報収集は欠かせません。
大体の人は自分が何の仕事が向いているのかなんて分かりません。
だからこそ、とにかくどんな企業が世の中にあるのか、どんな仕事が世の中にあるのかを調べましょう。
新卒の人気ランキングに合わせて、初任給も調べました。是非こちらも参考にしてください。

主体的に選ぶために:自分の分析

世の中にどんな企業・仕事があるのかをある程度調べたら、
次は自分自身について深堀して分析しましょう。
自分はどういう人間なのか?どんなことが好きで、どんな作業をしているときが一番楽しいのか?
を深堀しましょう。