解決したい課題や目的があれば、仕事はあくまでそれを解決・達成するための手段だと思います-まちづくりのファシリテーターとして精力的に活動する石垣綾音さん(29)

沖縄の虎インタビュー

スポンサードサーチ

自由なキャリア形成をしていくためには、目的と解決したい課題が大切

-沖縄になんとなく公務員神話や正社員神話があると思いますが、どうしたら石垣さんのようにフリーになれて、主体的にキャリアを形成できますか?

まずは、解決したい課題を探すことや、目的を探すことが大切だと思います。仕事はあくまで手段であって、仕事が目的でも夢でもないと思うんです。

例えば『人に勇気を与える』という目的があって、個人の中でその目的を達成する手段が警察官であったり本の作家であったり、いくつか職業選択に幅があってもいいと思うんです。その人なりのスキルや人間的な傾向、好きな物があると思うので、目的とその特性を掛け合わせて自由に選択していけばいいと思います。

私の場合は解決したいことが沖縄の社会的な課題で、手段がまちづくりだった。そして大学の時プロのファシリテーターさんに出会って『これだ!』と思った。意識はしていませんでしたが、振り返ったときに点と点が線になっているなと思います。

-目的や手段が見つからなかったときにどうしたらいいでしょうか?

選択肢を持つために好奇心をもって色々やってみることは大切と思います。
AYDPO2011の参加がここまで私のキャリア形成に影響を与えるとは思っていませんでした。参加のきっかけは本当にそんな狙いがあったわけではなく、ただなんとなくの暇つぶし感覚とアルバイトでのお小遣い稼ぎのモチベーションだったので。
なので、そういう一見遠回りに見えるようなことも大切だと思います。後で振り返ると、『あぁ、あの回り道も大事だったな』と思えることがたくさんあるので、選択肢を増やしていると思って色々行動したらいいと思います。アルバイトでもいいし、企業に入るでもいいし、ボランティアでもいいし、フリーランスでもいいし。

-石垣さんの中で、何か転職活動中の方や沖縄での働き方に悩んでいる方に向けて何かアドバイスはありますか?

逆説的なアドバイスで、私が実際聞いてよかったものがあります。それは、『”石の上にも三年”は気にしなくてもいい』ですね。私が転職を繰り返している女性の方に『今までで一番役に立たなかったアドバイスは何でしたか?』と伺ったところ、返ってきたのが、この言葉でした。私は4年間企業勤めしていて「いつやめよう?キリが良い5年がいいかな?」とか色々思っていましたが、その言葉を聞いて今でいいんだな!と思わされました。今転職活動で悩まれている方にも、年齢も期間も関係なく、自由に自分のスキルやライフイベントなどに合わせて仕事のステップアップをしていっていただきたいと思います!

 

本日はありがとうございました!!

こちらこそありがとうございました!(^_^)

取材ライターmemo

20代とは思えない経歴と発言、しかし見た目はしっかり20代なので驚きました。(実際もっとお若く見えました)まちづくりファシリテーターという聞きなれない職業でしたが、コザや那覇のまちづくりに積極的に関わっているというお話を聞いて街を眺める見方が変わりました(^^)素敵なお話ありがとうございました!