沖縄で儲かる商売とは?沖縄での起業の基本的な考え方を解説【飲食店はやめとこ】

沖縄レアな仕事トピックス
沖縄就活生
・会社員嫌だな…
・起業したいけど、何で起業しよう?

今回は上記のようなお悩みを抱えており、かつ

本記事が想定している読者
  1. お金をそんなに持っていない
  2. ネットやWEBに疎くない、PC/iphoneの基本操作は出来る

方に向けて『沖縄で起業するなら何をしたほうがいいか?』を説明します。

本記事のまとめ
  • 沖縄で起業するとしたら、おすすめは『仲介業』と『コンサル業』『コンテンツ発信業』『コミュニティ運営』
  • 起業の4原則は『利益率が高い』『資本0~小資本から始められる』『在庫不要』『安定収益が見込める』
  • 飲食店は4原則すべてに反するので辞めよう
  • 収益シミュレーションをしてリスクを減らそう

です。それでは、興味のある方は読み進めてください。

スポンサードサーチ

沖縄で起業するなら!おすすめは仲介業・WEB関係・コンテンツ発信関係・コンサルティング業・コミュニティ運営

冒頭でも述べましたが、本記事は読者に開業資金が十分に無い人、スキルが十分にない人を想定しています。

そんな中でおすすめなのは仲介業、WEB関係/コンテンツ発信関係、コンサルティング業です。

仲介業の例
  • 不動産仲介
  • 人材派遣・人材仲介
  • 宿泊地仲介(airbnbなど)
  • 結婚仲人
WEB関係の例
  • SEO対策・SEO集客の代行
  • リスティングなどの広告運用
  • WEB制作・運営
コンテンツ発信関係の例
  • ユーチューバー
  • ツイッタラー
  • 17Liveなどの配信者
  • 総じて、インフルエンサー

コンサルティング業の例

  • 人材育成のコンサルティング
  • 集客のコンサルティング
  • 副業などの、簡単に月数万円稼げるもののコンサルティング

コミュニティ運営というのは、あまりイメージが沸かない人も多いかもしれませんので、後々説明致します。
それぞれのビジネスモデル(どこで収益・利益をあげているのか?)を解説します。

仲介業のビジネスモデル

仲介業というのは、『仲介』をすることによってそのマージンを頂くというビジネスモデルです。
マージンという言葉を用いると敷居が高いですが、要は紹介料を頂くということです。下記がイメージです。

『買いたい』と『売りたい』を結び付けるということです。
結婚の場合は、お互いの『結婚したい』を結び付けるということですね。

WEB関係のビジネスモデル

WEB関係の悩みは、大きく分けると2つです。

WEBの悩み
  • WEB(ホームページ)が無いから制作してほしい…
  • WEBはあるけど人に全然見られていないから集客してほしい…

この2つを解決するようなビジネスを起業するとニーズがあります。

WEB制作は1つ目の悩みを、WEB運営や広告運用・SEO対策は2つ目の集客の悩みを解決する事業内容となります。
WEB関係は、ググるとたくさんノウハウややり方が出てきます。WEB関係は、無料で取得できるスキルなのです。

なので、WEBやPCに疎くない人は一度習得しておいても今後のためになります。

TechAcademyというオンラインでプログラミングが勉強できるサイトもあります。こちらオンラインスクールに通うこと自体は有料ですが、無料体験もあるので、オンラインスクールやプログラミングのさわりの部分を知りたい方は一度参照ください。最短4週間でスキルが身に着くと書かれているのでご興味ある方は是非。

コンテンツ発信関係のビジネスモデル

コンテンツ発信は、分かりやすい職業はユーチューバーですね。ユーチューバー、インスタグラマーなどは下記のビジネスモデルです。

ツイッタラーなどは、最近『スポンサー』と銘打って上記のビジネスをしている方が多いですね。

沖縄のユーチューバーに関する記事はコチラで扱っております。

沖縄のユーチューバーランキング!底辺~ハイサイ探偵団までご紹介【特徴と隙間も解説】

沖縄の10歳不登校ユーチューバー『ゆたぼん』とは?親のロボット?炎上理由、今後の注目ポイントまとめ

コンテンツ発信のプラットフォーム、サービスはどんどん増えているので、今のうちから自分のコンテンツを発信できる場所を確保していると後々楽ですね。ちなみに、OKITRAはこのコンテンツ発信業をしています。
OKITRAはアフィリエイトでの収益もあげています。アフィリエイトが気になっている方は無料で始められるので一度チェックしてみてください。ちなみにOKITRAが利用している中でおすすめのASP(アフィリエイトを始めるために登録が必要なサイト)はバリューコマースです。

ファンをつくることができると、それはそれでファンビジネスが出来ます。下記のようなビジネスモデルです。

また、後々解説するコミュニティ運営にもつながります。コミュニティ運営に関してはまた後程説明致します。

コンサルティング業のビジネスモデル

コンサルティングというのは、要は「企業や個人事業主の抱える課題の解決方法を教える」ということです。

コンサルティングは、数字ベースで課題の改善・解決を図ります。

例えば、WEB集客のコンサルティングでしたら、『月間100PVから月間1万PVまで伸ばしますよ』などの明確なゴールを設定し、そのゴールを達成するための方法を教えて、マネジメントしていくということです。

コンサルティングには様々な種類があり、お金に関することだけでなく、モチベーションコンサルティングや離職率コンサルティングなど、人に関するものもあります。自分の得意分野があって数字で管理できそうでしたら、是非考えてみてください。沖縄にはコンサルティング業は少ないイメージなので、一つ新しい市場・文化を創造できるかもしれません。

コミュニティ運営のビジネスモデル

コミュニティ運営というのは、コミュニティをつくって会費をとるというビジネスです。

有名なのは、キングコング西野亮廣さんのオンラインサロン『エンタメ研究所』ですね。
コミュニティを作るには、まずはコミュニティのコンセプトを決める必要があります。『稼げる系』『モテ・恋愛系』『健康系』など、様々なジャンルがあります。コンセプトを決めて、会費の値付けをして、DMMオンラインサロンやLINEなどでグループを作成し会費をとるとビジネスの完成です。

ホリエモンも支持する失敗しない起業の4つの条件

元ライブドア社長の堀江貴文社長は、ほぼ確実に成功する起業には4つの条件が必要だと言っています。

①『利益率の高い』ビジネスであること

利益率(%)というのは、『(1-売上/原価)*100』で算出することができます。

100円で仕入れた水を1000円で売ることが出来たら、(1-100/1000)*100で利益率は90%です。

当たり前ですが、経費安く、 高く売れたらいいですよね。

②『在庫を持たない』ビジネスであること

洋服屋さんやアパレルショップを見ると、たくさんの商品が並んでいますが、あれはすべて在庫です。
分かると思いますが、在庫は在庫であるうちは何一つ利益を生み出してくれません。在庫が多いと損益分岐点(赤字と黒字がプラスマイナス0になる地点)を超えて、赤字になってしまいます。

在庫処分にもお金がかかってしまいますので、在庫を抱えるビジネスは資金が無いうちはおすすめしません。在庫を抱えていると在庫を捌けないといけない営業地獄が待っています。

③『定期的に一定額の収入が入ってくる』ビジネスであること。

先に述べたコンテンツ発信、コミュニティ運営、コンサル業は年間契約で収益モデルを設計することが可能です。
例えばコンテンツ発信をしていて広告掲載の依頼が来た際には、年間契約などで出来ます。1年間安定収入が得られたらとてもビジネス的に楽ですよね。

コミュニティ運営もコンサルも、自分自身でつくるサービスなので、自分で収益モデルの設計が自由自在ということです。

④『資本ゼロあるいは小資本で始められる』ビジネスであること。

もちろん資本0で始められると最高ですよね。そういう意味でもこの条件はあげられていますが、もう一つこの条件には意味があります。