沖縄の就活生の体験談4選から学ぶ、沖縄の就職活動

県内就活お役立ち情報
沖縄就活生

・就活って辛い…先輩達はどうやってのりきったんだろう?
・他の人も私のような悩みを抱えているのかな?

今回は上記のような悩みを持つ人のために、体験談をご紹介します。

沖縄の就活生は、どんな体験をしたの?先輩から学ぼう

今回は本記事のために就活に関するインタビューをしました。

沖縄就活体験談1:『地頭が悪かった』(琉球大学出身 25歳 AYさん)

2016卒です。
僕の場合はそもそも行きたい企業がなく、就職活動といっても何からしていいか分からず苦労しました。
3年生の後半から就職は意識していましたが、僕は教育学部だったので周りはみんな教師か公務員。
とても就職活動の情報収集は苦労しました。まず、どこの企業を調べたらいいのかすらわからないので(笑)
僕は小学生のころからいわゆる優等生で、テストの点数はいい子でした。
しかし、就活を通して、自分は地頭がいいわけではなかったのだと思い知りました。
地頭がよくなく、自分がやりたいこともない人はとにかくもがくことが大事と思います。
今までテストの点はとれたけど就活は点のとりかたがわからないという方は、とにかく
もがいて、色んな人に相談し、企業の勉強をし、泣きまくったほうがいいと思います(笑)
僕は結局建築会社の営業に就職しましたが、
必死にもがいた後だったので最初に就職したかった企業とはちがいましたが満足でした。

沖縄就活体験談2:『飛び込みで内定獲得』(琉球大学出身 24歳 AYさん)

2018卒です。
いわゆる研究系の学科だったので、院生に進む人が多い環境でした。その中で就職活動をすることが非常に難しかったです。企業合同説明会も、『え!?あったの!?』と思い、何回も行きそびれました。
掲示板やキャリアセンターをきちんとチェックしても全く追いつけませんでした。
今は結局求人募集を出していないけれど、自分が行きたいと思った企業に問い合わせをし、WEB制作会社に就職しています。
求人募集や学校の指示を待つのではなく、自分から仕掛けていくことが後悔しない秘訣と思います。
求人募集している企業に、正直行きたいところがなかったということもありますが。

沖縄就活体験談3:『マウンティングが激しい友達と不仲に』(琉球大学出身 22歳 UYさん)

私は2019卒です。卒業したてです。
私はマスコミの業界の会社に就職したのですが、花形の業界なので友達同士のマウンティングが大変でした。
私は地銀・マスコミ一通り・セルラーなど人気企業ばかり受けていたので、
面接会場で友達同士会ったりして、そのたびにストレスでした。
『この前の会社二次面接●日だよね~』
『え!?落ちたの!?なんで!?』
『でもそういう学部不利らしいよ』
など、もう思い出すだけでもイライラしてくる言葉をたくさん言われました。
もちろん、今は連絡もとっていないです。
マウンティングが激しい友達とは絶対一緒に就活しないほうがいいですね。

沖縄就活体験談4:『借金50万したけれど東京に就職できなかった』(琉球大学出身 25歳 KSさん)

2016卒です。東京に就職したくて、就活スタートの時期から東京に10回くらい通って就活しました。
ブライダル業界でしたが、無念にも内定0…。
結局、県内の地銀に就職しました。
なんとなく今も『あのとき もっと頑張ったらどうなっていたんだろう』と思います。
しかし、当時した借金をようやく最近払い終わり、
『あのまま頑張っても借金が増えただけだったかな』とか思います。
就職活動って本当に難しいと思います。
特に沖縄の人が上京するのは。
大学から東京にいけたら多分スムーズでしょうが…。
今まで器用に色々こなしてきていた分、かなり人生でパンチのある経験になりました。

沖縄の就活生が体験談から学べる教訓

先輩の就活体験談から、教訓が学べそうです。
今から就活を始める沖縄の人は、どのようなポイントに注意したらいいのでしょうか?

解説いたします。

①面接の練習よりも企業の情報収集・自分の分析に時間をかけること

試験や面接の練習を行いすぎると、いずれもテクニック的な要素は磨かれますが、
肝心の受け答えの内容が磨かれないということが起きます。
本当に企業の勉強ができており、自分の分析ができていれば、自然とアウトプットはできます。
上辺だけの就活は、企業も見抜きます。
テクニックではなく、真摯に就職と向き合いましょう。

②マウンティングに乗らないこと

内定マウンティングなどの、自分のメンタルに支障をきたす他人とのコミュニケーションは極力避けましょう。
就職活動中には、様々なことが起きます。
卒論に圧迫されたり、一緒に就活しようと思っていた友達が留学・留年・就職浪人を決めて心細くなったり…
就活は マウンティングを受けなくても十分消耗する設計になっているので、
自分のメンタルケアのために、避けれるトラブルは避けましょう。直感で嫌な雰囲気を察したら、友人であっても避けましょう。

③家族や友達などの協力者を全力で頼ること

就活にはとてもお金がかかります。しかし、学生の稼げるお金・持っているお金というのはたかが知れています。
なので自分だけでなんとかしようとせず、就活生はまず自分が行きたいところ、就職に対する姿勢を
お金などの問題はいったん抜きにして真剣に向き合い、その目標に到達するために必要な資金は、
ある程度は自分でなんとかし、どうしても無理な部分は身内の援助を受けましょう。
援助を受けることは悪いことではありません。人を頼るということも社会にとっては必要なスキルです。

④モチベーションのケアをしっかりすること

就活をある程度したところでうまくいかないと、必ず『自分は何をして生きていきたいんだろう?』
という、答えのない問いを自分の中でグルグル回す時期がやってきます。
そうすると、無気力・倦怠感が出てきて、うまく行動できなくなっていきます。
しかし、内定を獲得した人に共通していることは、『行動を続けた』という点です。
そもそも行動しなければ、何も現状は変わりません。行動を促す、心の作用を持っておきましょう。

就活に関しての相談がある方はこちら

OKITRAでは随時就活のお悩み相談、愚痴を募集しております。体験談でもいいです。
ブログで紹介するのか、メールで返信するのかはご指定いただけたらと思います。
みなさんの就活が少しでも円滑になるように、OKITRAは努めてまいりますのでよろしくお願い致します。

メールOKITRAホームページ

まとめ

4つの就活体験談と、そこから得られる教訓を今回は取り上げました。
就活が今からの方も、今すでに就活している方も、
是非参考にして自分の就活に役立ててください。OKITRAは頑張る就活生を応援しています。